ルプルプで頭皮の痒みや腫れは大丈夫?

ルプルプは、人気のヘアカラートリートメントの商品名です。主な効果を見ると、フコイダン配合のトリートメントの一つでありトリートメントタイプの白髪染めで選んでみた場合、総合的にかなり優秀であるといわれています。しかし、中には使用した後に頭皮の痒みや腫れを心配する人もいないわけではありません。その場合、大丈夫なのかというとそれはほとんど問題はないと思ってよいでしょう。
ルプルプの特徴は、ガゴメ昆布から採れる特殊なフコイダンを配合している点にあります。さらに、染料成分にはクチナシ・アイ・ベニバナを使用しており髪や頭皮に優しい植物性成分を多く使っているので低刺激です。アレルギーの原因といわれているジアミン・タール系色素に関しては使用していません。低ダメージかつ安全性の高い染料を使用していますので、使いやすいといわれています。

フコイダンをたくさん含む天然のガゴメ昆布から抽出されたガゴメエキスを、低分子と高分子化された2種類配合しているのもポイントの一つでしょう。さらには保湿成分として、1gで6リットルもの保水力を持つ非常に優れた保湿成分のヒアルロン酸Naや髪の表面で膜をはることで潤いを閉じ込めてくれる植物由来の油脂などを多数配合しているのもルプルプの魅力です。ですので、痒みや腫れなどといった症状が出ることはほとんどありません。
しかし、まったくないというわけでも残念ながら言い切れませんのでそれは留意します。ルプルプに限らず、全てのヘアカラートリートメント商品には使用後にアレルギーを引き起こす可能性がわずかながらあります。
この商品には、安全ではあるが人によっては気をつけたほうが良い成分がいくつか存在します。それは、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・セテアリルグルコシド・エタノールです。この3種類の成分は、特定のアレルギーの人にとっては刺激が出てしまうことがあります。4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールについて説明をすると、ジアミン系の染料よりも刺激が少なく安全性の高い染料を使用してはいるものの、クチナシなどといった天然の染料と比べると刺激性のある成分であるためアレルギーがある日とは気を付けておきます。

セテアリルグルコシドは主にヤシやトウモロコシの油から取れる植物由来の成分ですが、こちらも人によっては刺激があるかもしれません。エタノールはごく少量だけ含まれているので、ほぼ気にする必要はないでしょう。対策として、使用を始めて15分後あるいは初回使用してから24時間後のタイミングで頭皮に問題が出てしまった時には、使用を取りやめ、皮膚科を受診します。

ルプルプ 効果

 


グローイングショットカラートリートメントのメリットとデメリット

グローイングショットカラートリートメントは、白髪染めと同時に髪のトリートメントができる一石二鳥の製品です。使用法も非常に簡単で、洗髪後に髪を乾かしてお風呂で1回5分でヘアカラーリングと同時にトリートメントまで完了します。私も使ってみて感じたグローイングショットカラートリートメントのメリットとデメリットを紹介するので、購入の参考にしてください。

グローイングショットカラートリートメントのメリットですが、シャンプーで洗髪した後に、5分間馴染ませながら髪全体に広げるだけで終わるお手軽な点です。今まで部分白髪染めなどを使っていたんですが、白髪の箇所を鏡で見ながら塗って行くため、しっかりと塗り込むまで20分以上掛かっていました。また美容室で毛染めをやっても、30分近く掛かってました。それが僅か5分放置した後に、シャワーで流すだけなのでかなり楽になりました。美容室で白髪染めをしている時には、1カ月から2カ月に1回のペースで通っていたため、かなりの費用が掛かってました。だけどこのトリートメントに変える事で、その回数を大幅に減らせたのでお金を節約できました。ヘアカラー特有のニオイや刺激が、無い点もこの商品の良い点です。部分白髪染めのほとんどの商品はツンと鼻を刺激するニオイと、頭皮がヒリヒリするような刺激がありました。この商品は刺激も無くて、香りもいいので敏感肌の私でも快適に使用出来ました。そして最大のメリットは、この商品を使った翌日のトリートメント効果です。購入前にはそれほど期待していませんでしたが、使用中の指どおりも良くて、翌朝の髪のまとまりも凄くよくなってました。

グローイングショットカラートリートメントのデメリットは、美容室の白髪染めよりもかなり安く出来るんですが、ロングヘアだと1本を5回前後で使い切ってしまうため、部分白髪染めよりはかなり割高になってしまう点です。そういった理由でまだ白髪が少なくてまばらにしか無い時には、部分白髪染めでいいかなと感じました。

それ以外にも浴室で使えば問題にならないんですが、洗面所で使用すると塗り込んでいるうちに、周りの壁紙のクロスに跳ねて色がついて、その色が落とせない点です。私も洗面所で慎重に跳ねないように使ってましたが、これだけやんわり使えば大丈夫だろうと思っていたら、周辺の壁紙に丸い点々のシミがついていました。洗剤を付けて擦っても壁紙のシミを落とせずに、ガッカリしました。

グローイングショットカラートリートメントの口コミ

 


マイナチュレカラートリートメントの効果ってどう?

マイナチュレカラートリートメントは、白髪ケア効果とトリートメント効果で美しい髪を実現します。
カラーはダークブラウンとブラウンの2色で、どちらも美しい色に仕上がります。
マイナチュレカラートリートメントは、大手口コミサイトのヘアカラー部門で1位を獲得しています。
人気が高い理由は、染まりやすさです。
マイナチュレでは染まり方にこだわってカラートリートメントを開発しています。
髪の毛は髪質やダメージの状態でカラーの入り方が異なります。
どのような白髪であってもスムーズに染まるように、染料の配合を調節しています。
染めるために染料を多くすると頭皮と髪の毛へのダメージが心配です。
よく染まって頭皮にも髪の毛にも優しいカラートリートメントを考えた結果、業界初のオールインワンケア製品が誕生します。
1本で白髪ケアとスカルプケア、ヘアケアが完了しエイジングケアも可能になっています。
白髪を染めるだけだと美しい髪にはならないので、美しく髪を染めながらケアも同時にできるように試作を繰り返し納得の製品が誕生します。
マイナチュレカラートリートメントには、様々なケア成分が配合されています。
白髪ケア成分のおかげで、染まった色を美しく見せることができます。
ローズマリーなどの植物エキスが、頭皮を健やかに保ちます。
マイナチュレには頭皮にダメージを与えない成分のみを厳選して入れています。
髪のダメージを保護するのがホホバオイルなどの優れたオイルです。
オイルがスムーズに浸透し、指通りがなめらかな髪へと導きます。
ヨーロッパでは昔から美容のために使われてきたカミツレなどのハーブも含まれ、エイジングケアをサポートします。

年齢を重ねると乾燥など様々な理由で頭皮のトラブルが起きやすくなります。
エイジングケア成分を配合することで、衰えた頭皮や毛髪の環境を整えます。
オールインワンケアができるトリートメントは、優しさにもこだわっています。
肌の負担になる合成香料や鉱物油、パラベンなどの添加物は使用せず植物由来の原料が約97%を占めます。

44種の植物由来原料が髪に優しく働きかけます。
地球環境に優しいのも商品の特徴です。

体の負担をチェックするために、厳しい3種類の検査を実施しています。
アレルギーテストやパッチテストをクリアしているので、白髪を優しく染められます。
女性のニーズをバランスよく叶える商品なので、顧客満足度も高いです。
美容師と毛髪診断士が商品開発に携わっているので、美しい色に仕上げながら健やかな髪をキープします。

マイナチュレカラートリートメントの口コミでの評判は?

 


プリオールカラーコンディショナーは評判悪い!?

白髪を染める方法にも色々な種類がありますが、できることなら自宅で手軽に染めたい、髪や頭皮が傷まない方法を選びたいと考える人は多いのではないでしょうか。
そんな場合は、トリートメントと同じように使えるヘアカラートリートメントがおすすめです。自宅で髪を染めるとなるとケープや手袋を用意したり、髪をブロッキングしたりと色々な手間が掛かりますが、カラートリートメントならシャンプー後に髪につけ、しばらく置いて洗い流すだけです。素手で使えるほど肌に優しいものも多く、肌の弱い人にも安心して使えることでも人気です。

ヘアカラートリートメントは人気が高まっていることもあり、多くの種類が販売されていますが、同じ選ぶのであれば評判悪いものは避け、白髪もしっかりと染まってダメージもい修復できるものを選びたいところです。
資生堂から販売されているプリオールカラーはすでに150万個を突破している人気の商品で、価格も安くドラッグストアやスーパーなどでも手軽に入手できます。カラーもブラック、ブラウン、ダークブランの3色が用意されており、様々な髪色に対応できます。塩基性染料フリーアレルギーテスト済みで天然の海藻エキス保湿成分も含まれており、ハリやコシもキープするタイプなのでボリュームダウンが気になる人にも安心です。さらに香りはフローラルグリーンが採用されており、癒し効果も期待できます。
人気の高いプリオールカラーですが、良い評判だけではなく、悪い評判もありますので購入前はよく確認しておくことがおすすめです。
まず、髪が染まりにくいという意見もありますが、カラートリートメントは一回でしっかりと着色するのではなく、何回か繰り返して使うことで白髪が目立たなくなる商品であることは理解しておきましょう。

そして、使い方が間違っていると着色が悪くなるので注意が必要です。洗髪後の髪に使うタイプですが水分が多いままだと染まりにくくなりますので、洗髪後はタオルで水気をしっかりと切ってから使用するにようにしましょう。髪全体に塗布したあとは、白髪が目立つ部分につけ足すとより効果的です。

5分の放置時間で良い商品ですが、よりしっかりと着色させるなら少し放置時間を延ばしてみましょう。このときにシャワーキャップなどを利用するとさらに着色が良くなるといわれています。間をあけずに毎日使うと着色が良くなりますので、初期では連続の使用がおすすめです。衣服などに色がつかないよう、洗い流しはしっかりと行うことも大切です。

>プリオールカラーコンディショナーの使い方

 


美容液成分96%配合の白髪染めはこちら!

保湿成分にこだわった白髪染めがうるプラ美人です。

白髪染めすると髪の毛が傷むという女性の悩みを解決する商品の美容成分とはどんなものでしょうか。

コラーゲン(水溶性コラーゲン・加水分解コラーゲン)

ヒアルロン酸(ヒアルロン酸ナトリウム・加水分解ヒアルロン酸アセチルヒアルロン酸ナトリウム)

レスベラトロール(ぶどうつるエキス)

ぶどうに含まれるポリフェノールの一種。抗酸化作用で注目。

トマトエキス

ビタミン、カロチンなど豊富な栄養成分を含み、保湿・消炎など、アンチエイジングコスメに使用される。
11種類のアミノ酸(アルギニン、アスパラギン酸など)

ウコン・アイ葉茎エキス・ホホバ油・オリーブ油

これだけ見ても、たくさんの保湿成分が入っていることがわかります。そして、話題の補修成分
ジラウロイルグルタミン酸ナトリウムが入っているので、ダメージをケアしながらの白髪染めが
実現できます。香りも天然成分にこだわっているのも注目すべき点です。

プチグレン油

ネロリと同じビターオレンジから抽出、葉と小枝から抽出したものがこの名称になります。

ラベンダー油 ベルガモット果実油 イランイラン花油

アロマオイルの自然な香りが癒されます。ノンシリコンで天然成分を豊富に入れたうるプラ美人。

女性の髪の毛を優しく染めてくれます。1回で急に染まるわけではありませんが、毎日使用していると
少しずつ色が入っていきます。毎日トリートメント代わりに使用できるのも魅力のひとつですね。


白髪抜く事は髪に良いのか?

白髪を抜くと、白髪が増えてくるなど、色々言われていますが、本当の所はどうなんでしょうか?
白髪を抜くことは、白髪にどのような影響をあたえるのでしょうか?また抜いた毛根から生えてくる髪は白髪なのか黒髪なのか。またその毛根からは髪が生えてこないのか気になりますね。

白髪を抜いたところから生えてくるのは白髪?

白髪を抜いたところから、はどんな髪がはえてくるのでしょう?

抜いた箇所の毛根が、メラニサイトの活動が活発であれば、その箇所からは黒髪がはえてくるのですが、活発でなければ、また白髪がはえてきます。ですので抜く事では白髪の解決になりません。引き続きその抜けた箇所からは問題なく髪の毛ははえてきますが、生えてこない可能性もなきにしもあらずなのです。

髪の毛や全ての毛は毛乳頭から生えてきています。この毛乳頭を破壊しない限り髪の毛は抜いても何度でも生えてきます。

白髪を抜くことでこの毛乳頭が破壊されるか、というと簡単には壊れません。

毛根が傷ついてしまうこともある

何度も何度も繰り返し白髪を抜くことで、この毛乳頭が次第に壊れたり、 あるいは、無理やり
抜いた時に異常に毛乳頭を傷つけてしまうことがあります。また、年齢によっては毛乳頭そのものが弱っていることがあるかもしれません。このような場合は毛乳頭が壊れてしまい髪の毛が生えてこなくなります。

薄毛に悩んでおられる方、白髪に悩んでおられる方は根本的な解決にはつながらないので抜くことは控えたほうがよろしいですね。


白髪染めを自分でするのは難しいですか?

白髪染めをするのに、毎回美容室に通われている方は、なかなか自分で染める機会が
ないかもしれませんね。

白髪染めは自分でするには、とても難しいのでは?と、思っていませんか?

確かに、美容室での白髪染めや市販の白髪染めは、自分でするとなると塗りムラになりやすく
難しいかもしれません。根元の白髪の部分にだけ、髪の毛をスライスして少しずつつけていかな
いといけません。後ろの見えない所などもありますし、全体を染めるのに時間がかかっていると、
それだけで仕上がりにムラができます。

最近では市販の白髪染めでも、泡タイプの商品が多く出ていますね。
これだと、普通の白髪染めよりは塗りやすく、手でつけられるので簡単かもしれません。
ただし注意したいのは、放置時間と色味の選び方です。

いくらキレイに薬をつけられたとしても、放置時間を間違えると根元と毛先の色がズレてしまいます。
早く流しすぎても白髪がきれいに染まりませんし、色味を間違えるとムラになります。美容室では
髪質などによって、それぞれ薬や放置時間を変えているのでどんな髪質でもきれいに染まるのです。

やはり、従来のヘアカラー剤を扱うのは少し難しいかもしれません。

おすすめはトリートメントタイプの白髪添め

自分で染めるのであれば、トリートメント式のような簡単に染められる白髪染めが、
どんな髪質にもおすすめです。

従来のヘアカラーよりは染められる色味は減りますが、誰でも簡単に染められます。
それは、トリートメント式なので、素手で簡単につけられるからです。
それにどんな髪質にも浸透しやすく、放置時間も均一なのでムラになりません。
トリートメント成分が配合されているので、仕上がりもパサパサにならず、潤いを与えてくれます。

美容室だと手間がかからず楽チンですが、続けていると髪の毛はどんどん痛んで水分が
抜けてしまいます。自宅でも、簡単に染められてなおかつダメージもなくなる白髪染めなら、
一度試してみるのもいいかもしれませんね。

使い続けるたびにハリとコシが出てきて、白髪染めをしているような髪には見えない仕上がりになりますよ。

また、簡単にしっかり染まり、かつ髪は痛まないという素敵な白髪染め知っていますか?
これは、結構人気の白髪染めです♪


白髪染めはパーマと同時にしても大丈夫?

白髪染めもパーマも両方したい場合ってありますよね?

そこで気になるのが、ダメージと白髪染めとパーマの仕上がりですよね。
白髪染めとパーマは同時にしても大丈夫なのでしょうか?

美容室では、基本的にカラーとパーマは同時に行いません。

できる事はできるのですが、髪へのダメージを考えると、しない方がリスクが低いからです。
またカラーとパーマを同時に行うと、仕上がりがキレイにならない事があります。カラーの色味が
入りにくくなったり、パーマのあたりが悪くなったり。

これらの事を考えて、美容室ではなるべく同時には行わないようにするのが基本のようです。

自宅で白髪染めする場合も一緒?

自宅で白髪染めをしている場合はどうでしょうか?

自宅でする白髪染めが市販のカラーリングの場合は、美容室と同じ薬になりますので、同じ日にするのはやめましょう。1週間は間を置いてからパーマをあてにいくか、パーマの後1週間後に自宅での白髪染めをした方がいいです。

ただし、その場合は髪の毛のダメージに気をつけてください。たとえ1週間の間をあけても、短期間の間でカラーリングとパーマをするのは髪の毛に大きなダメージを与えます。

必ずトリートメントなどで髪の毛に栄養を補いながら行ってください。それでもカラーの染まりが悪くなったりする場合があるので、注意しましょう。

自宅で白髪染めをするのであれば、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。
栄養分と水分、ハリ・コシも補いながら白髪染めができるので、美容室での白髪染めよりも負担が
少なくなります。パーマもしたい人にもおすすめで、カラー自体のダメージを減らせますので普通の
カラーリングよりも負担がありません。

こちらも1週間ほどの期間は置いた方がいいのですが、普通のカラーリングよりパーマの仕上がりも
いいはずです。また美容室でパーマも白髪染めも両方してしまうと、時間もかかりますし費用もかかります。

白髪染めをトリートメントタイプの白髪染めにするだけで、時間も費用もかからずにすみます。
また髪の毛にもダメージを与えずに、キレイに仕上がりますので、ぜひ一度試してみてください。


女性の40代以降の薄毛の原因とヘアカラーの秘密!

40代以降の薄毛の方には、アルカリのヘアカラーには、髪の痛みや抜け毛の要因がたくさんあります。

その他の考えられる要因は睡眠不足・間違ったヘアケアーの習慣・やり過ぎのダイエット・ストレスの蓄積・喫煙・などが考えられます。直接的に髪の痛みになる、アルカリカラーは頭皮とても髪にとっても良くないです。

間違ったヘアケアーの問題に含まれるヘアカラーなのですが、ファッションや流行に、こだわるあまり、白髪の伸びた所だけ、染めるだけで良いにもかかわらず、全体を毎回染めるなどして髪を痛めてしまっている方も存在します。

どうしても1ヶ月には白髪は1センチはのびてしまいます。毎回全体を染めることは、髪の損傷が肥大していきます。最小限の髪の痛みを考えると、伸びた所だけを染めるリタッチをオススメします。

ただ髪は死滅細胞でもあります。髪をアルカリ染毛剤で染めると言う事は、一度髪をブリーチで脱色
してからカラーの色味を髪に定着させるという、お薬独自の働きで、どうしても髪の細胞を破壊して
しまいます。髪は健康にはならず、髪の薄毛と痛みは軽減できないままなのです。

髪を痛めず、白髪を隠したい。
女性の悩みは薄毛の方問わず、誰しもが持っている悩みでもあります。

そんな悩みを解決してくれる商品はコチラです。


白髪染めは美容院でやるべき?

白髪染めするならやっぱり美容院でするべきなのでしょうか?

最近では、自宅で簡単にできる白髪染めというのが結構販売しています。美容院に行くよりも安上がりだし、市販の白髪染めの方がいいのでは?

まず、ドラッグストアなんかで購入できる2液タイプの白髪染めはおすすめできません。なぜなら、化学物質が多く含まれていて、髪が傷むからですせっかく白髪は染まったのに、髪の毛がゴワゴワになったり、キシキシになったりでは何もなりません。

もし、自宅で白髪染めするなら簡単キレイに染まって、髪や頭皮にも優しい白髪染めトリートメントが
おすすめです。トリートメントタイプですので、髪の毛や頭皮を傷めません。

最高の白髪染めをご紹介!

白髪染めには色々な種類がありますよね?
あなたは、白髪染めに何を求めますか?

  • 染まり具合?
  • 髪や頭皮への優しさ
  • 価格?
  • ボトルのデザイン?

白髪染めに求めることは、人によって異なると思います。

私がおすすめする最高の白髪染めは、やっぱり髪や頭皮への優しさを重視しています!
白髪は染まったは良いけど、髪がパサパサ・ゴワゴワ、頭皮がヒリヒリするようですと、
あまり意味がありませにんよね?

もちろん、しっかり染まるということも大切なポイントです。

私のおすすめする最高の白髪染めは、髪や頭皮への優しさに重点を置き、
染まり具合もそこそこ良いというものです。