白髪あれこれ一覧

白髪抜く事は髪に良いのか?

白髪を抜くと、白髪が増えてくるなど、色々言われていますが、本当の所はどうなんでしょうか?
白髪を抜くことは、白髪にどのような影響をあたえるのでしょうか?また抜いた毛根から生えてくる髪は白髪なのか黒髪なのか。またその毛根からは髪が生えてこないのか気になりますね。

白髪を抜いたところから生えてくるのは白髪?

白髪を抜いたところから、はどんな髪がはえてくるのでしょう?

抜いた箇所の毛根が、メラニサイトの活動が活発であれば、その箇所からは黒髪がはえてくるのですが、活発でなければ、また白髪がはえてきます。ですので抜く事では白髪の解決になりません。引き続きその抜けた箇所からは問題なく髪の毛ははえてきますが、生えてこない可能性もなきにしもあらずなのです。

髪の毛や全ての毛は毛乳頭から生えてきています。この毛乳頭を破壊しない限り髪の毛は抜いても何度でも生えてきます。

白髪を抜くことでこの毛乳頭が破壊されるか、というと簡単には壊れません。

毛根が傷ついてしまうこともある

何度も何度も繰り返し白髪を抜くことで、この毛乳頭が次第に壊れたり、 あるいは、無理やり
抜いた時に異常に毛乳頭を傷つけてしまうことがあります。また、年齢によっては毛乳頭そのものが弱っていることがあるかもしれません。このような場合は毛乳頭が壊れてしまい髪の毛が生えてこなくなります。

薄毛に悩んでおられる方、白髪に悩んでおられる方は根本的な解決にはつながらないので抜くことは控えたほうがよろしいですね。


女性の40代以降の薄毛の原因とヘアカラーの秘密!

40代以降の薄毛の方には、アルカリのヘアカラーには、髪の痛みや抜け毛の要因がたくさんあります。

その他の考えられる要因は睡眠不足・間違ったヘアケアーの習慣・やり過ぎのダイエット・ストレスの蓄積・喫煙・などが考えられます。直接的に髪の痛みになる、アルカリカラーは頭皮とても髪にとっても良くないです。

間違ったヘアケアーの問題に含まれるヘアカラーなのですが、ファッションや流行に、こだわるあまり、白髪の伸びた所だけ、染めるだけで良いにもかかわらず、全体を毎回染めるなどして髪を痛めてしまっている方も存在します。

どうしても1ヶ月には白髪は1センチはのびてしまいます。毎回全体を染めることは、髪の損傷が肥大していきます。最小限の髪の痛みを考えると、伸びた所だけを染めるリタッチをオススメします。

ただ髪は死滅細胞でもあります。髪をアルカリ染毛剤で染めると言う事は、一度髪をブリーチで脱色
してからカラーの色味を髪に定着させるという、お薬独自の働きで、どうしても髪の細胞を破壊して
しまいます。髪は健康にはならず、髪の薄毛と痛みは軽減できないままなのです。

髪を痛めず、白髪を隠したい。
女性の悩みは薄毛の方問わず、誰しもが持っている悩みでもあります。

そんな悩みを解決してくれる商品はコチラです。