白髪染めQA一覧

白髪染めを自分でするのは難しいですか?

白髪染めをするのに、毎回美容室に通われている方は、なかなか自分で染める機会が
ないかもしれませんね。

白髪染めは自分でするには、とても難しいのでは?と、思っていませんか?

確かに、美容室での白髪染めや市販の白髪染めは、自分でするとなると塗りムラになりやすく
難しいかもしれません。根元の白髪の部分にだけ、髪の毛をスライスして少しずつつけていかな
いといけません。後ろの見えない所などもありますし、全体を染めるのに時間がかかっていると、
それだけで仕上がりにムラができます。

最近では市販の白髪染めでも、泡タイプの商品が多く出ていますね。
これだと、普通の白髪染めよりは塗りやすく、手でつけられるので簡単かもしれません。
ただし注意したいのは、放置時間と色味の選び方です。

いくらキレイに薬をつけられたとしても、放置時間を間違えると根元と毛先の色がズレてしまいます。
早く流しすぎても白髪がきれいに染まりませんし、色味を間違えるとムラになります。美容室では
髪質などによって、それぞれ薬や放置時間を変えているのでどんな髪質でもきれいに染まるのです。

やはり、従来のヘアカラー剤を扱うのは少し難しいかもしれません。

おすすめはトリートメントタイプの白髪添め

自分で染めるのであれば、トリートメント式のような簡単に染められる白髪染めが、
どんな髪質にもおすすめです。

従来のヘアカラーよりは染められる色味は減りますが、誰でも簡単に染められます。
それは、トリートメント式なので、素手で簡単につけられるからです。
それにどんな髪質にも浸透しやすく、放置時間も均一なのでムラになりません。
トリートメント成分が配合されているので、仕上がりもパサパサにならず、潤いを与えてくれます。

美容室だと手間がかからず楽チンですが、続けていると髪の毛はどんどん痛んで水分が
抜けてしまいます。自宅でも、簡単に染められてなおかつダメージもなくなる白髪染めなら、
一度試してみるのもいいかもしれませんね。

使い続けるたびにハリとコシが出てきて、白髪染めをしているような髪には見えない仕上がりになりますよ。

また、簡単にしっかり染まり、かつ髪は痛まないという素敵な白髪染め知っていますか?
これは、結構人気の白髪染めです♪


白髪染めはパーマと同時にしても大丈夫?

白髪染めもパーマも両方したい場合ってありますよね?

そこで気になるのが、ダメージと白髪染めとパーマの仕上がりですよね。
白髪染めとパーマは同時にしても大丈夫なのでしょうか?

美容室では、基本的にカラーとパーマは同時に行いません。

できる事はできるのですが、髪へのダメージを考えると、しない方がリスクが低いからです。
またカラーとパーマを同時に行うと、仕上がりがキレイにならない事があります。カラーの色味が
入りにくくなったり、パーマのあたりが悪くなったり。

これらの事を考えて、美容室ではなるべく同時には行わないようにするのが基本のようです。

自宅で白髪染めする場合も一緒?

自宅で白髪染めをしている場合はどうでしょうか?

自宅でする白髪染めが市販のカラーリングの場合は、美容室と同じ薬になりますので、同じ日にするのはやめましょう。1週間は間を置いてからパーマをあてにいくか、パーマの後1週間後に自宅での白髪染めをした方がいいです。

ただし、その場合は髪の毛のダメージに気をつけてください。たとえ1週間の間をあけても、短期間の間でカラーリングとパーマをするのは髪の毛に大きなダメージを与えます。

必ずトリートメントなどで髪の毛に栄養を補いながら行ってください。それでもカラーの染まりが悪くなったりする場合があるので、注意しましょう。

自宅で白髪染めをするのであれば、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。
栄養分と水分、ハリ・コシも補いながら白髪染めができるので、美容室での白髪染めよりも負担が
少なくなります。パーマもしたい人にもおすすめで、カラー自体のダメージを減らせますので普通の
カラーリングよりも負担がありません。

こちらも1週間ほどの期間は置いた方がいいのですが、普通のカラーリングよりパーマの仕上がりも
いいはずです。また美容室でパーマも白髪染めも両方してしまうと、時間もかかりますし費用もかかります。

白髪染めをトリートメントタイプの白髪染めにするだけで、時間も費用もかからずにすみます。
また髪の毛にもダメージを与えずに、キレイに仕上がりますので、ぜひ一度試してみてください。